苺で割り切り

私はただなんとなく苺で割り切りをしています。出会い系サイトには苺で会ってくれる男性が大勢いるからです。苺で割り切りと聞けば、良い金額だと思うかもしれませんが、実際は苺で割り切りでは足りないと思う男性もいます。相手の男性によって変わるので、一概に良い金額だとは言えないのです。たくさんのことを強要してくる男性もいるからです。そんな時はお金をもらっているといっても、我慢できない時もあります。我慢が出来ずに途中で帰ったこともありました。その時は、お金はもらえませんが、お金よりも、その男性といたくない。という気持ちの方が大きいので、それでいいのです。
割り切り【LINE掲示板で生で中出しされた経験がトラウマに】
なんとなくで、こうやってたくさんの男性と会っていても、我慢の限界があります。私が割り切りをやる理由を、なんとなくでやっているといっているから、こういうことが好きなんだと思って、色んなことを強要されるのかもしれませんが、私は嘘はつけないので、割り切りをやっている理由を偽るつもりもありません。ただ、お小遣い稼ぎ、欲しいものを買うため、他に何の理由もありません。一つあるとすれば、私は人を好きになったことがないから、なんとなくこんなことができるのかもしれません。付き合ったこともありますが、付き合うという意味が良くわかりません。私の中では、付き合うのもこうやって会うのも変わりはないのです。ただ、お金をもらえるかもらえないかの違いだけです。人を好きになれない理由は自分でもわかりません。感情が欠けているのかもしれません。
ライン掲示板
ライン掲示板

ホ別

「今日はありがとう。これホ別で五万。」「ありがとうパパ。いつもより多いね。このホテルもすごい高そうなのに、ホ別でこんなにお小遣いもらえて嬉しい。」「俺はまみちゃんには甘いからな。」こうした私はパパからお小遣いをもらってホテルから別々に帰りました。そしてもらったお金で欲しかった服を買いに行きました。

「まみちゃん久しぶり、早速服を買ってくれたんだ。ありがとう。」「だって、豊さんの新作の服可愛いんだもん。」私は豊さんの服が好きっていうより。豊さんのことが大好きでした。きっかけは、雨が降っていた時に雨宿りして入ったお店が豊さんのお店でした。豊さんは私が雨に濡れている事に気づくとタオルを渡してくれました。
ホ別いちご
「雨すごいね。落ち着くまで店内でゆっくりしてていいからね。お店もそんなに忙しくないしね。」そんな彼の優しさに私は一目惚れをしました。この時から私にはパパがいました。パパと会うたび毎回ホ別でお小遣いをもらって、そのお金でよくエステとか自分の美になるものにお金を使っていましたが、今では豊さんの服を買うためにお金を使っています。決して安くはありませんが、でも大好きな人が喜んでくれるなら私はそれでいいと思っています。

ある日のことでした。お店に来店すると豊さんからのデートの誘いがありました。「いつも服を買ってくれてありがとう。よければ食事に行かないか。お礼を兼ねて。」「はい。」嬉しかった。まだどうなるか分からないけれど、豊さんは私の事を気があるのかなと思ってしまう瞬間でした。
出会い喫茶
ワリキリ

ライブチャットオナニー

大学を卒業しても就職につかず、私はフリーター生活を転々と続けていました。親は私が女性と言うこともあってかフリーター生活には何も言いませんが、彼氏がいないことに対しては少し口を出してきます。私も出会いが欲しいけれど、バイト先には私より年下の男性しかいないし、友達に紹介されてもなかなかタイプではなかったりと恋愛はうまくいきません。それでもお金には困ってない生活を送っていたのでまだこの生活のままでいいかなと思っていました。しかし、友達が儲かると言う話を聞いた株に手をつけたところから私の貯金はドンドンとなくなりました。しまいには親にお金を借りたりもしていたので、どうにかお金を稼ごうと親には飲食店で夜働いてると嘘をつきながらキャバクラで働くことにしました。
LINEでオナニー

キャバクラではお酒も飲めて楽しく働いていました。そして1人のお客さんと出会ってからは私はあることにもやるようになりました。それはライブチャットオナニー。お客さんがライブチャットオナニーをしているみたいで、女性がやるとお金になるよって教えてくれたので私はやることにしました。

しかし、初めてライブチャットオナニーをやった時の相手がそのお客さんでした。その人は私には気づいていませんでした。多分私がサングラスをかけているからだと思います。初めてライブチャットをやることを伝えたので最初はたわいのない会話から始まり、それからどんどんとオナニーをする流れになっていきました。
オナニー鑑賞